キリシタン教会と本能寺の変

  • クリックで画像を表示

990円
注文数:
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。
浅見雅一


筆費での謀反は明智家存続の最後の一手 

長年その信憑性が疑われたフロイス史料に
キリシタン史研究の第一人者が迫る!

初のポルトガル語原典から訳した「信長の死について」全収録!

第一章 信長とキリシタン宣教師
一 信長とフロイス ニ 巡察師ヴァリニャーノと日本布教
三 荒木村重の謀反 四 信長の対応とキリシタン教会の中立原則


第二章 報告書「信長の死について」の成立
一 キリシタン史料の性質 二 「日本年報」とその「補遺」
三 「信長の死について」を読み解く
四 綴りや主語の人称、構成からえてくること

第三章 キリシタン史料から本能寺の変をたどる
一 信長の自己神格化 二 光秀の軍事行動
三 オルガンティーノらの逃避行 四 光秀の外交交涉
五 山崎の戦いと坂本城落城

第四章 光秀の意図
一 本能寺の変とは何だったのか 二 周辺の動き 三 明智一族の最期
四 カギは何か

史料編 ルイス•フロイス「信長の死について」



お問い合わせフォーム

備考

表示されている商品価格は税込み価格です。 A5サイズ・厚さ2cmまでの書籍につきましては180円(スマートレター)にて発送可能です。 また合計8千円以上(税抜き)で道内の方は送料無料です! 上記以外の方は別途相談となります。

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク

北海道キリスト教書店
オフィシャルサイト