宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ

  • クリックで画像を表示

1,430円
注文数:
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。
守部喜雅
いのちのことば社


「聖書を読んだサムライたち」シリーズ第7弾
父・光秀の謀反で幽閉
娘が見つけた希望とは?

本書は、1563(永禄六年) 年に来日し、
三十年以上に渡ってイエズス会宣教師として
働いたルイス・フロイスの記録を主な資料に、
本能寺の変の謎に迫ろうとするものです。

同時に、信長を討って明智光秀の生き様にも
焦点を当て、さらに娘・細川ガラシャが苦難に
満ちた生涯の中でキリスト教と出会い、天を想い
続けた心の旅路にも寄り添います。(まえがきより)

お問い合わせフォーム

備考

表示されている商品価格は税込み価格です。 A5サイズ・厚さ2cmまでの書籍につきましては180円(スマートレター)にて発送可能です。 また合計8千円以上(税抜き)で道内の方は送料無料です! 上記以外の方は別途相談となります。

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク

北海道キリスト教書店
オフィシャルサイト