札幌キリスト教史 宣教の共なる歩み

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

5,940円
注文数:
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。
鈴江英一  一麦出版社

札幌におけるキリスト教の通史
かって『札幌とキリスト教』(共著)は、札幌におけるキリスト教活動のさまざまな面に光をあて、キリスト教が札幌の文化的形成に抜きがたい影轉力を発揮していた歴史を明らかにし、キリスト者の市民が社会、文化、学術にたずさわってきた業績の大きさと先駆性を描き出した。本書は、長年、北海道史の編纂• 執筆に
携わってきた著者が、丹念な史料収集、研究•分析のもと、『札幌とキリスト教』が描きだして見せたキリスト教の姿を、札幌における宣教の始めである1875年から戦後2004年までの時問の流れに沿って<通史>として明らかにするものである。

通史をどのように考えるか。
著者は時期区分をはっきりと定めて書くこと(時期区分は、おもに教会の消長、教勢の推移拡大または後退、市民への浸透という視点から時代を区切った)、通史の対象となるキリス卜教会がどのように存在したのかを明らかにすること(戦前のすべての教会の名称と所在地、会堂の変遷を明らかにし、戦後も所在地を網羅して分布図作成)、戦時下の教会とキリスト者がどのように戦争と国家に向き合ったかその時代を正視すること(歴史の事実に対して著者の思想や信仰の立場から評価を下さず、学説についての論評を加えないという執筆態度)、これによって歴史を明らかにしていく。札幌のキリスト教の歴史が、連続した流れとして全体的にとらえられている。宣教のための必読の書

お問い合わせフォーム

備考

表示されている商品価格は税込み価格です。 A5サイズ・厚さ2cmまでの書籍につきましては180円(スマートレター)にて発送可能です。 また合計8千円以上(税抜き)で道内の方は送料無料です! 上記以外の方は別途相談となります。

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク

北海道キリスト教書店
オフィシャルサイト